JIRAのカスタマイズについて FAQ(よくあるご質問)

JIRA関連製品のワークフローの定義方法を教えてください。

JIRA 管理メニューの「課題」タブを選択し、ワークフローおよびワークフロースキームメニューで新しいワークフローの定義を追加します。ワークフローの定義例についてはこちらをご参考ください。

ページのトップへ
JIRA関連製品をインストールしたら、課題の内容を表示する画面にHipChatへの接続ボタンと無視ボタンが表示されます。HipChatに接続しないといけませんか?

いいえ、必要な場合のみで大丈夫です。もしチャット機能も必要でしたらHipChatもお試しください。

HipChatのBasic版であれば、ユーザー数無制限で無料で始められます。

HipChatディスカッション

ページのトップへ
JIRAの画面の文言を変えることはできますか?

課題の現在の状態の表示名や、アクション名などをカスタマイズすることができます。メニューや項目名などを表示する言語を切り替えることもできます。

ユーザー自身がカスタマイズできるようにする目的で、InProduct translation for JIRAというアドオンを追加する手段もあります。

(英語による参考ページ)
https://marketplace.atlassian.com/plugins/com.atlassian.translations.jira.inproduct/server/overview

ページのトップへ
JIRAに入力した内容を翻訳することはできますか?

恐れ入りますが、入力した言語で表示されます。たとえば英語で入力した内容は、メニューの言語を日本語に切り替えても英語で表示されます。

ページのトップへ
作業の進捗や問題が解決したか視覚化するにはどうしたらよいですか?

JIRAのアドオンには、ポートフォリオやガントチャートの作成など、プロジェクトの進捗管理に役立つアドオンがあります。
一部を下記に例示します。

用途アドオン名
ポートフォリオ作成 BigPicture Plugin for JIRA
Portfolio for JIRA
Tempo Folio for JIRA
ガントチャート作成 BigGantt
Gantt-Chart for JIRA
WBS Gantt-Chart for JIRA
ページのトップへ
課題を階層管理するにはどうしたらよいですか?

Structure - Plan, Track, Scale ProjectsをJIRAに追加すると、課題を複数の階層に分けて管理することができます。

(英語による参考ページ)
https://marketplace.atlassian.com/plugins/com.almworks.jira.structure/server/overview

ページのトップへ
JIRAの画面で課題を登録する代わりに、メールで課題を登録することはできますか?

メール送信に Outlookを使用している場合、Outlook Integration for JIRAというアドオンをJIRAに追加すると、メールを受け取って課題を登録させることができます。

(英語による参考ページ)
https://marketplace.atlassian.com/plugins/de.catworkx.jira.plugins.outlook2jira/server/overview

ページのトップへ
JIRAの画面で課題を登録したら、メール送信させることはできますか?

例えば Email This IssueというアドオンをJIRAに追加すると、課題登録時にメールを送信させることができます。

(英語による参考ページ)
https://marketplace.atlassian.com/plugins/com.metainf.jira.plugin.emailissue/server/overview

ページのトップへ
1つのバックログを複数のカンバンで管理できますか?

はい、プロジェクトに複数のカンバンボードを作成できます。カンバンボードの作成および設定をご覧ください。

ページのトップへ
複数のプロジェクトのバックログを1つのカンバンで管理できますか?

はい、複数のプロジェクトにまたがるカンバンボードを作成できます。カンバンボードの作成および設定をご覧ください。

ページのトップへ
Javaの使用メモリ量などはどこで設定できますか?

インストール先のbinフォルダーの中に設定ファイルまたは設定コマンドがあります。Javaのオプション設定をご覧ください。

ページのトップへ
ログファイルの設定はどこで設定できますか?

恒久的な設定を行うには、インストール先のatlassian-jira/WEB-INF/classesフォルダーの設定ファイル「log4j.properties」を使用します。一時的な設定は、「JIRA 管理画面>システム>ログとプロファイルの作成>既定のロガー」で行うと、JIRAを再起動するまで有効になります。
詳しくは、『ロギングとプロファイリング』をご覧ください。

ページのトップへ

お問い合わせ

Atlassianに関するお問い合わせは、下記お問い合わせフォームよりお願いいたします。
※お問い合わせの状況や内容により、回答までにお時間をいただく場合がございます。

Atlassianお問い合わせフォーム